What is Com-Support Priject

私たちの理念  Our Philosophy

信じる
笑顔
繋がる

 

自立生活センター とは? Com-Support Project

1972年アメリカで障害者が運営し、障害者にサービスを提供する

【自立生活センター】 が設立されました。

障害者が、自分の生活を良くするための運動を行い

さらに、障害者にサービスを提供する事業を行なっています。

障害当事者が主体となって活動する権利擁護団体です

障害の有無に関わらず、あたりまえの生活ができる環境づくりに取組んでいます。

私たちの考える自立とは・・・

何でも自分でできることだけでなく、

自分の意思を人に伝えて実行することだと考えています。

それは自分が選んだ場所で、責任を持って暮らしていくことであり

それを決めるのは一人一人のアクションです。

Com-Support Project は、そのアクションを

お互いにサポートできる社会を目指しています。

誰もが、望む場所で、望むサービスを使いながら、ごくあたりまえに、
地域の中で生活していく権利を守るためにあります!

代表者ごあいさつ Com-Support Project

自立生活センターCom-Support Project

 代表 市村正幸

 Com-Support Projectは、障害者の自立生活センターとして

2002年に福井県内で最初に設立されました。私は、当団体の立ち上げから メンバーとして活動していましたが、しばらく闘病のため、第一線から退いていました。数年前から病気を克服し、活動を再開し、今回代表に就任致しました。

一緒に団体を立ち上げ、私に障害運動を教えてくれた師匠である故・高畑英樹の思いと温故知新を胸に刻み、活動していきたいと思います。

 ファミリーアニメのような、常に笑いの絶えない団体を目指しています。

「どうゆうこと?」と、思われるかも知れませんが、障害者の普段は事前に車イスでも大丈夫かどうか 確認して予定を決め、遊びに行ったり、飲みに行く事がほとんどです。 しかし、「サザエさん」ように駅でばったり会って、「ちょっと飲みに行こうか。」というような場合でも車イスで気軽に行けるような社会づくりを目指しています。

 障害者にも利用しやすいかどうかの バリアフリーチェックを行なうことによって、障害者の存在をアピールして行きます。すべての人に優しい街づくりになるよう「楽しい運動」をテーマに当事者運動をして行きたいと思います。

 今後とも 皆様のご指導とご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。


設立までの経緯 Com-Support Project

2002年5月11日 故 高畑英樹を中心に6人のメンバーで福井県初となる自立生活センター Com-Support Projectを

福井市内に設立しました。「誰もが生まれ育った地域(場所)で自分らしく生活する」 ことを目標に、

障害者本人の意識を高める啓発活動や学校や企業で障害者の思いを伝える活動、

また、地域の環境設備の改善のための活動など、さまざまな個人へのサポートと社会への運動を行いました。
現在も 「どんなに障害が重くても地域で生活できる」 ように各方面にアクションを起こし続けています。

   

団体概要 Com-Support Project

団体名 自立生活センター Com-Support Project
団体設立 2002年 5月
代表者 市村 正幸
所在地 〒910-0004
福井県福井市宝永2丁目11-12 山屋ビル1F
TEL.0776-25-1057
FAX.0776-25-1040
主な活動

権利擁護 ( 講師派遣 研修 バリアフリーチェック )

自立支援 ( 自立生活の体験・ピアカウンセリング )

イベントの企画運営


  

代表者ごあいさつ コム・サポートプロジェクト

特定非営利活動法人コムサポート・プロジェクト

理事長 桑原彰三

 

 NPO法人コム・サポートプロジェクトは、2002年に初代代表 故・高畑秀樹氏が、NPO法人の先駆けでもあり、福井県初となる自立生活センター「Com‐Support Project」を設立以来、「誰もが、自分らしく生きる」を目指して歩んでまいりました。 設立当初は6人だけの小さな団体でしたが、高畑氏から受け継がれる「障がいがあってもあたりまえの生活を」という真っ直ぐな思いと、ご家族・スタッフはじめ、コムサポートに関わる全ての方の支えがあって、現在の団体に成長する事が出来たと考えております。

「静かなる激動の時代」と言われた平成も終わり、新しい令和の時代を迎えましたが、ここ数十年で日本の福祉業界も大きく様変わり致しました。私自身も平成4年、オートバイによる事故で車いすの生活となり、30年近くの月日が経ちましたが、福祉機器を例にとってみても、当時では考えもつかなかったような製品の数々が市場で活躍しております。福祉の制度・施策においてもまた然りで、飛躍的に変化を遂げてきました。

一方、現在の日本では、我々の活動に直結する深刻な人手不足など、新たな問題も起きています。一昔前では想像出来ない、新たなニーズやウォンツが生まれおり、それらに耳を傾け迅速に対応していく事が、今後の成長に繋がると考えております。 同時に、当団体の理念である「自分で生きる力をつける」ことも決して忘れてはならないと考えております。その為にも、障がい当事者のリーダー育成に力を注いでいく事が、「社会に貢献できる団体であり続ける」ことに繋がり、今後も成長し、進化し続ける活動を行えると、確信しております。 

『壁がある。だから行く』 一人ひとりの人生は一度きりです。それは個別で多様で、そして現在進行形です。 これからも挑戦を続ける『チャレンジド』達、そして、コム・サポートプロジェクトを、どうぞ宜しくお願い致します。

法人概要 コム・サポートプロジェクト

法人名 特定非営利活動法人 コム・サポートプロジェクト
法人設立 2002年11月11日
代表者 桑原 彰三
所在地 〒910-0004
福井県福井市宝永2丁目12-35
TEL.0776-25-1057
FAX.0776-25-1040
主な事業

介助派遣事業 (居宅介護・重度訪問介護 福井県指令障1202号)
       (訪問介護 福井県指令長第67-5号)

相談支援事業

ホームヘルパー基礎研修

重度訪問介護従事者養成研修

決算報告書

沿革 コム・サポートプロジェクト

2002年(平成14年)

5月

 

11月

自立生活センター Com-Support Project 創設

初代代表 故 高畑英樹

特定非営利活動法人 コム・サポートプロジェクト 設立

2003年(平成15年) 4月居宅介護事業・訪問介護事業 開始
2004年(平成16年)

2月

11月

事務所 移転 ( 旧事務所 )

季刊誌 「がんばらない通信」 創刊

2006年(平成18年) 2月宿泊体験室 設置
2010年(平成22年) 12月事務所移転 ( 現事務所 )
2016年(平成28年) 8月相談支援事業 開始
2017年(平成29年) 4月

生活介護事業 開始

2018年(平成30年)

12月

 

特定非営利活動法人 コム・サポートプロジェクト

桑原彰三が 理事長 に就任

2019年(平成31年)

12月

 

自立生活センター Com-Support Project

市村正幸が 代表に就任

2020年(令和02年) 3月生活介護事業 廃止

お問い合わせ

Tel.0776-25-1057

営業時間 9:00 - 18:00 定休日:土日・祝日

Google Map

新事務所 AOSSA3階

5744_アオッサ地図3-1
ページトップへ