スタッフブログ

2020.09.15

ひさゆきが行く

今回訪れたお店は「さぎり屋」という名前のお店です。

このお店を知ったきっかけは、

グリーンセンターでイベントがあった時に

タクシーの中から見つけて

「九頭竜川の鮎が食べられるお店」だと知り、

1度行ってみたいと思っていたお店です。

訪れたのは9月です。

 鯉のぼり

お店の周りに鯉のぼりがあがっていました。
 青空を泳ぐ鯉のぼりが鮎に見えてとても楽しかったです。

 駐車場には車椅子マークのあるスペースが2台ありました。
 入口は0.5cm程の段差しかありません
 (引き戸のレールがあるだけ)。

 まだかな~

 

店内には車椅子でも座りやすい

テーブル席があります

(車椅子の人だけでも

8〜10人は座れる長テーブル)。

掘りごたつ式の小上がり席もあります。

車椅子で入れるトイレは

ありませんでした。

  

店内には車椅子でも座りやすいテーブル席があります

(車椅子の人だけでも8〜10人は座れる長テーブル)。

掘りごたつ式の小上がり席もあります。

車椅子で入れるトイレはありませんでした。

 店内には芸能人のサイン、

漁で使う網やエバと呼ばれるカゴのような道具、

九頭竜川の昔と今の写真などが展示されていて

とても面白かったです。

 

今回俺が食べた料理は、

鮎の塩焼き(炭火焼き)、鮎のお刺身、蕎麦です。

 

1番驚いたのは鮎のお刺身です。

生け簀から持ってきた鮎の大きさにも驚いたし、

コリコリとした歯ごたえと

ツルんとした舌ざわりが

とてもすごく美味しかったです

鮎のお刺身は生まれて初めて食べたし、
海の魚の刺身とは全く違う感じで
ビックリしました。
鮎の塩焼きは炭で焼いた良い香りと、
柔らかい身がサイコーです。
お店のご主人にお話を伺ったところ、
2月から5月は全国的にも有名になったサクラマス、
6月になると鮎漁が解禁になり、
お盆を過ぎればモクズガニ、
秋からはアラレガコがとれるとのこと。
また秋にはメスの鮎が卵を持ち
子持ち鮎として楽しめると教えてくださいました。

 

ご主人のお話と店内の展示物から九頭竜川を愛し、
九頭竜川の恵みをみんなに知ってもらいたい
というご主人の気持ちが伝わってきました。
今回のひさゆきが行くは、
行ってみたかったお店に行けた!という喜びと、
大好きな鮎とお蕎麦が美味しかった!という感激、
素敵なお店とご主人に出会えた喜びという
思い出深い体験になりました。

さぎり屋

福井県吉田郡永平寺町松岡上合月36-50
10:00〜18:00(11月〜5月は17:00まで)
定休日:水曜日・年末年始
0776-61-1123
http://sagiriya.com

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«9月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

ブログ内検索

サイト内検索

ページトップへ